オモプラッタがしっかり極めれると柔術家っぽいと感じます。ぽさって大事です。

まずオモプラッタの根源を説明すると相手の肩甲骨、肩関節周りに負荷をかけ極めていく技です。
このオモプラッタは非常に汎用性があり様々なポジション、トップでもガードでもどこからでも仕掛けられるマルチな才能を持った技なのです。柔術界の星野源をイメージして下さい。

僕が星野源の有効性に気付いてからは自分の戦術に組み込み今では僕の代名詞と言っても過言でありません。

そしてこのオモプラッタ技の形に入る事は出来るけどすぐに前転や起き上がられて極めれない!って方多いと思います。
昔の僕はそれが合ったので使っていませんでした。
ですがオモプラッタのコツに気付いてからは相手の肩甲骨を手の平で転がすかの如く極めれるようになりました。差し詰め釈迦の様にとでも言いましょうか。自信を持つのは大事です。

まずオモプラッタのポイントは相手の肩関節と自分の股関節が如何に密着し続けられるか。というのが大事になります。
ここが浅いとオモプラッタとして極めるのは困難です。
なので相手の脇の下から肩関節に進入する時に深く股関節を密着させる事を意識して下さい。
密着が出来たならば、次にするべき事は相手の肩関節をマットに固定させる事です。
マットに固定させる時は自分の起き上がり方にポイントがあります。
ここまで来たら後は足を相手から見て外に出し、肩関節にプレッシャーを掛けて行けば極める事が出来るはずです。ですが!相手は前転したり起き上がって来たりとエスケープを試みて来ます。
これを打破するテクニックを僕は持っています!
聞きたい方は遠慮しないで聞きましょう!

(Visited 253 times, 1 visits today)