テクニックの練習で同じ方向だけでしか練習していないから、スパーの時逆側でやらなければ行けない場合に失敗してしまう事があると思います。

最初はしっかり覚えて欲しいので片側だけ集中して練習して下さい。片側がスムーズに問題なく出来る様になったら逆側も練習しましょう。

勿論全ての技が左右両方出来れば最高なのですが、人間時間には限りがあります。これは避けられない事です。

そこで左右両方出来なきゃ行けない技と別に出来なくても良い技を区別します。

基本的に一般的な極め技とパスガード、エスケープは左右両方出来た方が良いと思います。

なぜならば、極めのチャンスはそうそう訪れる物ではありません。そんな時に逆側だから極めれない、となると非常に勿体無いです。極めれる時には極めれる様にしておかなければ行けません。

パスガードの場合、パスガードは繋げる事が大事だと思うからです。同じパスで同じ方向だけしか狙わないのであれば、相手にとってこれほど楽な物はありません。その方向だけ守っていればパスをされる心配は無いからです。
そんな時に逆方向のパスを入れる事で相手は虚を突かれパスが出来ます。
パスガードは同じ方向だけではなく逆側も入れて繋げる事が大事なのです。

エスケープですが相手はどちらから仕掛けてくるかわかりません。その時にこっちの方向は練習していない!となると蜘蛛の巣に引っかかった蝶と一緒です。後は捕食されるだけです。なのでどちらでも対応出来る様に左右両方出来ていなければ行けないでしょう。

次回は左右両方出来なくても良い展開を紹介します。

(Visited 74 times, 1 visits today)